Home > 取り組みについて

空き家相談窓口について

専門家によるアドバイスをご希望の場合は、毎月開催される無料相談会へお越しください。無料相談会は予約制です。
お申込みの前に以下の資料(住まいのコンシェルジュ相談窓口をご利用の皆様へ)をご一読ください。
相談窓口では相談会等の調整を行うのみです。電話による専門家の紹介や派遣は平成29年3月末に終了しました。

無料相談会はこちら

 

令和2年度相談窓口業務について

1)空き家対策事業 ① 空き家に関する一般的なアドバイス(毎月1回無料相談会開催)
② 各機関や専門家と連携した相談会の開催
2)中古住宅活性化事業 ① 住宅の取得・改修に関する一般的なアドバイス
② 各機関や専門家と連携した相談会の開催
③ 住宅の取得・改修に関する補助や融資、税制等の説明会等の開催
3)各機関と専門家との連携 各機関・・・市町や金融機関、建物検査機関 等
専門家・・・司法書士、宅地建物取引士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、リフォーム会社、保険会社、解体業者 等

これまでの取り組み

公益社団法人広島県宅地建物取引業協会(以下、宅建協会という)並びに広島宅建株式会社が参画する広島県空き家対策推進協議会(国土交通省支援事業)と不動産コンシェルジュ中国地区協議会(国土交通省支援事業)の連携事業として、平成26年7月より宅建協会に「ひろしま空き家の窓口」を開設し、国や県、市町、住宅関連事業者と連携しながら、空き家の調査や相談等に対応しました。さらに、住宅の取得・改修等に対応するため、平成28年2月に「ひろしま空き家の窓口」を含めた「住まいのコンシェルジュ相談窓口」を開設し、相談業務については広島宅建株式会社が担当しています。
各年度の相談実績は下記のとおりです。

年度
相談件数
事前審査・調査件数
成約件数
令和元年度(詳細)
161件
10件
7件
平成30年度(詳細)
160件
23件
8件
平成29年度(詳細)
336件
56件
16件
平成28年度(詳細)
351件
64件
34件
平成27年度(詳細)
524件
128件
79件
平成26年度(詳細)
216件
89件
18件

 

広島県内の空き家

平成30年に実施された総務省統計局による住宅・土地統計調査では,全国の空き家数は848万戸と3.6%の増加,空き家率13.6%となりました。 広島県の空き家数は,5年前に比べ,5,700戸減少し、215,600戸となり、空き家率は15.1%となっています。

<住宅・土地統計調査 確報集計>
調査年
地域
住宅総数
空き家総数
空き家割合
空き家の内訳
二次的住宅
賃貸用の住宅
売却用の住宅
その他の住宅
H30
全国
62,407,400
8,488,600
13.6%
381,000
4,327,200
293,200
3,487,200
広島県
1,430,700
215,600
15.1%
6,600
89,000
5,900
114,200
H25
全国
60,628,600
8,195,600
13.5%
412,000
4,291,800
308,200
3,183,600
広島県
1,393,500
221,300
15.9%
8,300
105,100
6,500
101,400
H20
全国
57,586,000
7,567,900
13.1%
411,200
4,126,800
348,800
2,681,100
広島県
1,356,200
198,300
14.6%
13,000
95,200
5,400
84,600
H15
全国
53,890,900
6,593,300
12.2%
498,200
3,674,900
302,600
2,117,600
広島県
1,271,800
171,600
13.5%
9,200
90,500
5,800
66,100
(※1)二次的住宅とは、別荘や普段生活する住宅とは別にたまに寝泊まりしている人がいる住宅。
(※2)その他の住宅とは、長期不在の住宅や建て替えなどのために取り壊す予定の住宅。

住まいのコンシェルジュ相談窓口

〒730-0046
広島県広島市中区昭和町11-5 広島県不動産会館3F
TEL 082-243-9530
受付時間|平日/午前10時~12時 午後1時~4時
定休日|毎週土日と祝日